AshdownのBass Envelope Filter は、ベース用に開発した特殊なエンベロープ・フィルターです。 レンジの広いオートフィルターが開いたり閉じたりする(スウィープする)効果が得られます。コントロール類の機能は従来のエンベロープ・フィルターと似ていますが、他のエンベロープ・フィルターよりもレンジの広い効果が利用できます。 エンベロープ・フィルター・エフェクトとは、単なる可変式のバンドパスまたはローパスの電子フィルター回路に過ぎません。この回路では、入力信号のレベルに応じて、フィルターの可変範囲内で強調される周波数が上下に変化します。アッシュダウンではこの点に着目し、ユーザーによる直接制御が可能なフィルターに仕上げました。 強く演奏するほど、フィルターの周波数の変化幅が大きくなるのです。通常、この周波数が変化する方向は、上方向(入力信号のレベルが上がるのに連れてフィルターの周波数が上がる)、または下方向(フィルターが高い周波数から始まり、入力信号のレベルに応じて下がっていく)が選べるようになっています。入力信号のレベルは、エンベロープ・フィルターの可変範囲や感度に影響します。また、入力信号を適切なレベルに保つためにVUメーターが極めて重要となります。アッシュダウンの提案する一歩進んだエンベロープ・フィルターです。

●PEAK(ピーク)コントロール PEAKコントロールは、フィルター特性のピーク(Q)の鋭さを調節します。このコントロールの設定を上げていくのに従って、楽器の音に含まれる倍音がより強調されます。自然な響きのフィルター・スウィープが欲しいときはこのコントロールを下げ、フィルターの効果を強調したいときは上げて下さい。

●UP/DOWN(アップ/ダウン)コントロール UP/DOWNコントロールは、フィルターの可変範囲内でで、強調される周波数が上に移動するのか(強く弾くほどフィルターの周波数が上がる)、それとも下に移動するのか(フィルターが高い周波数から始まり、強く弾くほど周波数が下がる)を決定します。ほとんどのエンベロープ・フィルターでは、この要素をスイッチで切替えることができます(UPまたはDOWNを選択できます)。これに対し、Bass EnvelopeFilterでは、1つのロータリーコントロールでUP/DOWNの両方向に可変でき、片方に回しきったときにUP、もう一方に回しきったときにDOWNが選択できます。コントロールを中央の位置に合わせたときは、UP/DOWNがゼロに設定されるため、一切スウィープがかかりません。この位置から右に回すほど周波数の変化が下方向に移動し、左に回すほど上方向に移動します。このため、周波数の上下の変化をお好みに応じて性格に調節できます。

●BP/LP(バンドパス/ローパス)コントロール BP/LPとは、それぞれバンドパス・フィルター(Band Pass)とローパス・フィルター(LowPass)の略です。バンドパスは、ワウペダルと同じように、狭い帯域の周波数をスウィープさせ、それ以外のすべての周波数をカットします。ローパスは、非常に強力なトレブルコントロールのようなもので、これを下げると低い周波数のみが聞こえます。この状態から周波数を上げていくのに従って、まず中音域、そして高音域が低い周波数に追加されています。 ベースに使用する場合は、低い周波数が常にフィルターの影響を受けないのでローパス方式が有利です。これに対してバンドパス方式は、より効果を強調できるという利点がありますが、周波数をハイエンドまで上げたときに音が細くなり過ぎてしまいます。通常のエンベロープ・フィルターは、バンド・パスまたはローパスを切替えることができます。しかし、アッシュダウンでは、これら2つの方式をミックスすることで、単独で使用するよりも便利に音作りができることを発見しました。そこで、AshdownのBass EnvelopeFilterには、UP/DOWNロータリーコントロールと同じように動作するBP/LPコントロールが搭載されており、コントロールを一方に回しきるバンドパスの効果、もう片方に回しきるとローパスの効果、その中間では2つのフィルターを合わせた効果が得られます。また、中央の位置ではバンドパスとローパスの効果が均一となります。

 

 

Ashdown/Bass Envelope Filter

¥7,980価格